Event is FINISHED

クリステンセン追悼特別無料講座「イノベーション三部作」速習講座

Description


※【2/28追記】

明日は12時より開場を致します。13時の開始時間ぎりぎりは混雑が予想されますので、ぜひ余裕をもってお越しください。また重ね重ね恐縮ではございますが、マスク着用のお願いと、現時点でご参加困難な方、不確実な方はキャンセル対応のほどよろしくお願い申し上げます。

※[2/26追記]

下記2/26追記の予定通り今週2/29(土)は開催いたしますが、念のため、安全を考えより大きな会場で各自スペースが取れるよう変更させていただきます。三田または泉岳寺駅から3分程度の笹川記念館とさせていただきました。


引き続きマスクのご用意とともに、当日参加が難しいまたは不確実の方は、お手数ですが、他の参加希望者のためにキャンセル対応をお願いいたします。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

(マスクご準備の確認等により開始時間が多少遅れる場合もございます。ご了承下さいませ。)


※[2/24追記] 

2/29日(土)の一回目は予定通り開催いたしますが、新型コロナの状況を踏まえ、2回目、3回目分も2/29(土)にまとめて、1回で理論&実践をワークシートで行うことにさせていただきます(無料)。

そのかわり、アルコール消毒(会場設置)&マスク必須(お持ち下さい)の徹底をお願いします。

申し込みいただいた方で当日受講不可能な方、また当日確実でない方は他の方にお譲り頂けるよう、キャンセル対応をお願いします。受講確実な方はそのままお待ちしております。

ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



概要

2/29(土)にクリステンセンの『イノベーションのジレンマ』ほかによる破壊的イノベーションの関連理論速習講座を開催します。

イノベーションのジレンマだけではない
  • クレイトン・クリステンセンが2020年1月23日死去されました。 彼のイノベーション理論は世界的に高く評価されており、多くの管理職者が学んでいます。 しかし、そのたくさん読まれてきた『イノベーションのジレンマ』はクリステンセンの破壊的イノベーションの理論において一部に過ぎません。続編である『イノベーションの解』、『イノベーションの最終解』でイノベーションのジレンマで述べた理論の修正や追加を含め、三部作でクリステンセンの破壊的イノベーションの理論体系は成り立っています。
多くの日本企業が実践できていない
  • これらの三部作は、アップルの創業者である故スティーブ・ジョブズやシンガポール政府までもが積極的に参考にしたといわれていますが、日本の大手メーカーをはじめとする伝統的日本企業においては正しく実践されているとは言い難く、クリステンセンが著書で分析・予言したようにその後も中国、台湾、韓国企業などの新興国の企業や先進国のスタートアップ、メガベンチャーなどに追い落とされる状況は変わっていません。
体系的に理解する
  • 実践のためには、クリステンセンよりも前の伝統的なイノベーション理論や、クリステンセン後に影響を受けた理論、例えばオープンイノベーションやリバースイノベーション、リーンスタートアップ等の関連コンセプトと共に総合的に、そして体系的に理解をする必要があります。 今回は骨太の関連理論を体系的に理解する速習講座を通し、実践に耐えうる応用力を得ていただき、実践へのヒントとしていただけます。
第一回目(今回)は無料で体系理論を速習
  • 講座は全3回。一回3,300円の講座費用(初回の「基礎編」は無料)で、どなたでもご参加頂けます。
  • 1回目:その三部作ほかイノベーション理論体系速修
  • 2回目と3回目:実戦として戦略と計画立案について、3回目で破壊的イノベーションの予測と対応策をオリジナルのワークシートを用い実践。
  • 総合的にクリステンセンのイノベーション理論を理解するためには3回連続でのご参加をお勧めします
→ 追記通り、全三回分を2/29(土)に一回で速習します。リーダー啓蒙のため完全無料とさせていただきます。(※2/24追記)

2/29講座詳細

Ⅰ. 基礎と理論体系

1.技術革新とイノベーション

-イノベーションと技術革新
-シュンペーター、OECD、クリステンセンの定義 

2. 各種イノベーション理論の比較
-アバナシー&アッターバック
-クラーク&ヘンダーソン
-クリステンセン
※ワークシート実践

3.破壊的イノベーションの理論
-ローエンド型破壊
-新市場型破壊
※ワークシート実践

4.バリューネットワークの理論
※ワークシート実践

5.資源・プロセス・価値基準(RPV)の理論
-RPV理論の全体像とポイント
-RPV理論の探求
※ワークシート実践

6.RPVの変化への対応
-M&Aによる対応
-内部醸成による対応
-スピンアウト組織による対応
※ワークシート実践

Ⅱ. 実践(2/24追記)


1. 破壊へ向けた戦略と計画
-意図的+創発的戦略の策定プロセス
-破壊的技術のための種まき投資とポートフォリオ
※ワークシート実践

2.破壊の兆しの予測と対応
-変化のシグナルを探す
-競争の激しさを評価する
-戦略的選択に目を配る
※ワークシート実践

クレイトン・クリステンセンについて

  • クレイトン・クリステンセン(Clayton M. Christensen、1952年4月6日 - 2020年1月23日)は、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS) の教授である。初の著作である『イノベーションのジレンマ』によって破壊的イノベーションの理論を確立させたことで有名になり、企業におけるイノベーションの研究における第一人者である。その博士論文は、最優秀学位論文賞、ウィリアム・アバナシー賞、ニューコメン特別賞、マッキンゼー賞のすべてを受賞した。2020年1月23日死去。
  • 世界の経営思想家ランキング「Thinkers50」2期連続第一位の後、殿堂入りし、スティーブジョブズやシンガポール政府が参考にしたイノベーション理論の革命者。「リバースイノベーション」のゴビンダラジャン、「オープンイノベーション」のチェスブロウ、「リーンスタートアップ」のリースなど2000年代以降の著名な学者や起業家、そして国家に至るまで多大なる影響を与えた世界的権威。

スピーカー

グローバルタスクフォース株式会社 代表取締役
山中 英嗣(やまなか・ひでつぐ)

  • 外資系コンサルティングファーム(ロンドン)、国内大手通信会社などを経て、London Business School内の新規事業に参画後、同スクールファンド出資によりロンドンにて法人化された世界の主要ビジネススクール同窓生ネットワーク(40万人、日本人約2万人)Global Workplace Ltd.(UK)に参画。2000年1月日本支店設立。2000年8月ソフトバンクグループと合弁にて日本現地法人化。
  • 2001年3月"Global Workplace" を母体とするハンズオン常駐チームによる戦略の実行支援&経営人材転籍推進事業を行うグローバルタスクフォース株式会社を設立、代表取締役に就任。上場企業の再編・再生・成長向けた常駐人材チームをもとにハンズオンで支援をするとともに、スタートアップを中心とした非上場企業向けに投資&成長支援を行う。

  • 大手メーカー子会社合併〜上場、上場廃止企業の最上場、日米上場、国内外企業とのオープンイノベーション、合弁及び買収による新興企業の事業リソース獲得、スタートアップ企業のグローバル化など80プロジェクトの実績がある。
  • 執筆・監修・著書に 『ハーバード・ビジネススクール"クリステンセン教授"「イノベーションのジレンマ」入門』『クリティカルシンキングの教科書』(PHP研究所)、『ポーター教授『競争の戦略』入門』『通勤大学MBA』シリーズ(以上、総合法令出版)、『トップMBAの必読文献』(東洋経済新報社)など 60冊ほか。
  • 英国国立マンチェスター大学ビジネススクール MBAプログラム入学後、リサーチプロジェクトに参画(MPhil取得)。University of Manchester Institute for Development Policy & Management(IDPM)。

共催


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#529121 2020-02-28 07:42:00
More updates
Sat Feb 29, 2020
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
笹川記念会館 第一&第二会議室(合同)
Tickets
第一回速習講座特別無料受講券 FULL
Venue Address
東京都港区三田 3-12-12 Japan
Organizer
Global Taskforce (GTF)
866 Followers